内部監査を変革する - デジタル内部監査から継続的保証までの成熟度モデル -

内部監査を変革する - デジタル内部監査から継続的保証までの成熟度モデル -

デジタル内部監査のメリットはよく知られていますが、多くの組織がそれを享受できていません。その最大の理由は、データアナリティクスを活用する際のアプローチにあります。データアナリティクスを導入、持続、拡大するには、より「戦略的」なアプローチをとる必要があります。

関連するコンテンツ

本稿では、監査の計画・実行フェーズに持続可能なデジタル内部監査を適用するためにはどのように変革型アプローチを適用すべきかについて、多次元の成熟度モデルを用いて説明します。この成熟度モデルでは、各フェーズにデータアナリティクスを統合し、特徴が際立つように従来型の内部監査メソドロジーを修正しており、自社の内部監査をいかにしてどの部分を改良するか検討する際に利用できます。また、内部監査メソドロジーに成熟度モデルを適用することで、さらに踏み込んだ視点を提供しています。

内部監査

内部監査

各企業に最適な内部監査態勢の確立、高度化を支援します。

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン