Global profiles of the fraudster : 不正行為者の特性 | KPMG | JP

Global profiles of the fraudster : 不正行為者の特性

Global profiles of the fraudster : 不正行為者の特性

KPMG FASでは、KPMGインターナショナルが発行した”Global profiles of the fraudster : Technology enables and weak controls fuel the fraud"の日本語訳版を発行しました。

関連するコンテンツ

不正は、企業の評判を傷つけ多大なコスト負担を強い、または、人々の生活を脅かす世界の何処ででも起こりうる災難であり、社会に深刻な経済的または道徳的ダメージを与えます。KPMGは数年に亘り、不正の傾向についての報告をしてきており、本報告書は不正行為者の特性を分析した報告の3回目となります。本報告書は、KPMGのプロフェッショナルが不正調査案件の経験に基づき回答した750名の不正行為者に関する詳細なサーベイをもとに作成されています。
今回のサーベイでは、不正行為者の特徴、不正行為の内容、および不正が発覚した経緯を明らかにするための質問が追加されました。また、不正の実行におけるテクノロジーの利用や、サイバー攻撃による不正に関する質問も含まれています。そして、不正の脅威が進化する環境下で、不正に立ち向かうための最善策に関する推奨事項をまとめました。

不正行為者の特性に関する本報告書は、企業がこの複雑な領域の現状や、今後の動向に対する理解を深めるヒントを提供することを目的としています。KPMGは、本報告書が不正行為者、および彼らへの対応策についての議論が活発化することに寄与することを願っております。その議論の結果は、企業、政府そして社会全体の利益に直結するはずです。
ご希望の方には無料でお配りしております。是非、資料請求ページからお申し込みください。

資料請求ページ

内容

はじめに

  1. エグゼクティブ・サマリー
  2. 脆弱な統制~深刻化する問題
  3. 回避される統制
  4. 単独、共謀による不正の特性
  5. 内部者、外部者による不正の特性
  6. テクノロジーの進展の両側面
  7. サイバー攻撃による脅威
  8. 不正にどう立ち向かうか
  9. メソドロジー

KPMG FAS Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信