IFRICニュース September 2016 - IFRS解釈指針委員会ニュース | KPMG | JP

IFRICニュース September 2016 - IFRS解釈指針委員会ニュース

IFRICニュース September 2016 - IFRS解釈指針委員会ニュース

IFRS解釈指針委員会(IFRS-IC)での主要な審議事項を紹介し、また、IFRS-ICで取扱われているすべての論点のステータスを「論点サマリー」にまとめています。

関連するコンテンツ

青いフロアの会議室

2016年9月6日及び7日にIFRS解釈指針委員会(以下「IFRS-IC」)の会議が開催されました。また、2016年9月に開催された国際会計基準審議会(以下「IASB」)の会議において、IFRS-ICの提案等に基づいて審議が行われました。本稿では、主要な審議事項を紹介し、また、IFRS-ICで取り扱われているすべての論点の状況を「論点サマリー」にまとめています。なお、一部の論点は、今後のIFRS-IC会議等において、引き続き議論される予定です。

概要

2016年9月のIFRS-IC会議において、次の事項が決定されました。

  • アジェンダ却下通知の確定
    サービス委譲契約及びリース契約から構成される複合契約の会計処理
  • アジェンダ却下通知案の公表
    単一資産のみ保有し、事業に該当しない企業を取得した場合の繰延税金の認識

その他、2016年9月のIFRS-ICおよびIASBの会議において議論された事項は以下のとおりです。

  • IFRIC解釈指針案「法人所得税の処理における不確実性」(再審議)
  • 公開草案「制度改訂、縮小または清算が生じた場合の再測定/確定給付制度からの返還の利用可能性(IAS第19号及びIFRIC解釈指針第14号の改訂案)」(再審議)
  • 関連会社または共同支配企業に対する純投資の一部を実質的に構成する長期持分の測定
  • 有形固定資産の試運転から得られる正味の収入及び試運転コストの会計処理
  1. 要約
  2. IFRIC解釈指針
  3. 会計基準の限定的改訂
  4. IFRSの年次改善
  5. アジェンダ却下通知
  6. その他の論点等
  7. 論点サマリー

詳細につきましては、PDFをご参照下さい。

IFRICニュース

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信