Forewarned and now forearmed - KPMGの間接税インパクト診断ツール | KPMG | JP
close
Share with your friends

Forewarned and now forearmed - KPMGの間接税インパクト診断ツール

Forewarned and now forearmed - KPMGの間接税インパクト診断ツール

KPMGはEU離脱が与える間接税への影響について、実数化や詳細を分析することをサポートするツールを開発しました。

関連するコンテンツ

EU離脱に向けて企業が準備すべきそれぞれのステップを理解していますか?

周知の通り、英国に輸入または輸出される商品の物流や、EU離脱後に生じうる関税およびVATの取扱いの変更に伴う追加コストが、EU離脱によって生じる影響のうち重要なポイントになるでしょう。KPMGはEU離脱の潜在的な影響に関するいくつかの実数化や詳細を分析することを手助けするツールを開発しました。

本ツールは、英国が将来EEA(欧州経済領域)、スイス型、WTO(世界貿易機関)などの協定に加盟した場合のそれぞれのシナリオを分析する基礎として活用することが可能です。EU離脱はビジネスに関連する多大な不確実性をもたらしました。KPMGのツールは、関税やVATなどの不確実性を解消することをサポートします。

KPMGの成果物:KPMGのチームは、直近12ヵ月の実際のデータに基づき、EU離脱に伴い発生する関税やVATの重要な影響をまとめた特注のレポートを作成します。その後、KPMGは分析結果について貴社とお会いし、討議を重ね、優先順位の高い課題を特定します。

EU離脱に関するプランニング

KPMGのツールは貴社が以下の項目を検討・実施することを手助けします。

  • EU離脱がどのサプライチェーンに影響を与えるかを特定すること
  • EU離脱後に増加する税負担を定量化すること
  • 重要なリスク領域がどこにあるか、リスクを最小化するためにどの領域に注力すべきか見つけ出すこと
  • さまざまな離脱の方法において、どのような影響があるかを理解すること

サプライチェーンの可視化

このツールは英国に輸入または輸出されたモノの流れを表示し、モノが輸入され、どこに行くのかというだけではなく、EU離脱の結果、サプライチェーンのどの点がリスクにさらされているのかを一目で分かるようにします。

相乗効果

このツールは異なる観点からデータを検索することができ、クライアント毎で異なる問題を抽出できるようにしています。例えば、クライアントがEU自由貿易協定に関する損失を重視しているのであれば、その問題に関連したデータを取り出すことを可能にしています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信