保険規制の進化2016 - 第2章:コンダクトリスク

保険規制の進化2016 - 第2章:コンダクトリスク

2016年版「保険規制の進化」の第2章では、コンダクトリスクが保険会社に与える影響について考察します。ソルベンシーや健全性に関するさまざまな基準が導入された今、規制当局は、顧客に不利益をもたらす根本原因への対応に焦点を移し、コンダクトと呼ばれる行為規制や顧客保護規制に力を入れるようになっています。

関連するコンテンツ

本章の概要

金融危機の直後、世界各地の規制当局は保険会社のリスク管理能力向上に重点を置き、より厳しいソルベンシー基準の適用や、リスク管理機能による監視の強化を求めました。しかし、顧客は相変わらず保険会社の対応に不信感を抱いており、顧客に不利益が生じる事例も後を絶ちません。

ソルベンシーや健全性に関するさまざまな基準が導入された今、規制当局は、顧客に不利益をもたらす根本原因への対応に焦点を移し、コンダクトと呼ばれる行為規制や顧客保護規制に力を入れるようになりました。この章では、このコンダクトリスクに対する最近の取組みおよび各地の動向を踏まえて、保険会社に与える影響について考察します。

「保険規制の進化2016」について

「保険規制の進化」はKPMGインターナショナルが発行する年次レポートであり、保険業界が直面する規制関連の主要なトピックを取り上げています。第6版となる今年のレポートは各章を順次発行する方式とし、今回、第2章をリリースしました。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン