Data & Analytics(監査) | KPMG | JP

Data & Analytics(監査)

Data & Analytics(監査)

ITおよびAI発展の影響により、会計・監査を取り巻く環境は今後大きく変化していきます。急速な社会の期待・ニーズの変化にともない、監査品質の向上・付加価値の提供が求められています。当サイトでは、監査における新しい潮流や、Data & Analytics(D&A)技法の導入・利用に関する情報を提供しております。

関連するコンテンツ

会計監査にD&A技法を導入する背景

昨今の情報技術の進化・発展や、いわゆるビッグデータの存在は監査手法の多様化を可能とし、企業および会計を取り巻く環境は大きく変化しています。また、会計不祥事が後を絶たない状況下、監査に対する社会の期待や監査そのもののあり方も大きく変わりつつあります。

このような急速な環境変化及び社会のニーズに応えるにためには、リスク評価及び監査証拠入手のサポートとなるD&A技法を用いた監査手法が求められます。

試査から精査的手法へ

あずさ監査法人では、企業が記録・管理している一定の財務および非財務データを入手、対象となるすべての取引について分析ツールを用いて各データ間の関係性を分析し、異常なものが含まれていないかを検証するD&Aを利用した精査的手法(対象とする母集団100%について監査的検討を行うこと)を導入しています。

精査的手法では、試査(対象とする母集団のうち一部を検証すること)では検出できなかった異常点が検出可能となるため、特に不正を示唆する取引を検出するために有効な手段となります。

D&A監査手法を実施する利点

D&A技法を取り入れた監査手続の実施により、監査品質の向上に加え、被監査会社の監査役・執行側に対して新たな気付きの提供が可能になります。

監査法人 監査役 執行側
  • D&A監査手法にともない、より深度ある監査手続が実施可能
    → 監査品質の向上
  • 異常点の把握を通じて通常ではない取引や内部統制の改善点を把握
    → 新しい気づきや内部統制の改善点を提供
  • 監査役が依拠する監査人の監査結果の信頼度が向上
  • 新たな気付きに基づき、より深度ある内部監査を実現
  • 具体的な傾向や原因を踏まえ、内部統制の改善を促進

D&A監査手法に関するより詳しい解説や、将来の導入が予想されるAIへの考察を含めた今後の監査手続の変化に関する情報は、以下のリンクよりご覧いただけます。

お問合せ

有限責任 あずさ監査法人
次世代監査技術研究室

JP-FMAZ-START@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信