「改正『修正国際基準』」の公表 | KPMG | JP

「改正『修正国際基準』」の公表

「改正『修正国際基準』」の公表

企業会計基準委員会は、2016年7月25日、「改正『修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)』」を公表しました。

関連するコンテンツ

改正修正国際基準は、2013年中に国際会計基準審議会(以下「IASB」という)により公表された新規のまたは改正された会計基準及び解釈指針(以下「会計基準等」という)に対するエンドースメント手続の結果として公表されたものです。「修正国際基準の適用」及び企業会計基準委員会による修正会計基準第2号「その他の包括利益の会計処理」について改正が行われており、公表日以後開始する連結会計年度より適用します。

本稿では、改正修正国際基準の公表までの経緯、具体的な内容について解説します。

ポイント

  • 企業会計基準委員会は、2015年6月30日に国際会計基準(以下「IFRS」という)に関する初度のエンドースメント手続の結果として、「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)1」(以下「修正国際基準」という)を公表した。
  • 当初の修正国際基準は、2012年12月31日までにIASBにより公表された会計基準等について、その一部が「削除又は修正」されたものである。
  • 今回実施された第2回のIFRSのエンドースメント手続の結果として公表された改正修正国際基準は、2013年中にIASBにより公表された新規のまたは改正された会計基準等のうち、IFRS第9号(2013年)「金融商品」に関して、次の2つの項目について「削除又は修正」を行い、IFRSにおいて認められていないリサイクリング処理を求めている。
    • その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品への投資をヘッジ対象とした公正価値ヘッジのノンリサイクリング処理
    • キャッシュ・フロー・ヘッジにおけるベーシス・アジャストメント(ヘッジ会計におけるオプションの時間的価値の会計処理を含む)

内容

  1. 公表の経緯
  2. 改正修正国際基準
    1. 「修正国際基準の適用」の改正
    2. 企業会計基準委員会による修正会計基準第2号「その他の包括利益の会計処理」の改正
  3. 改正を含む修正国際基準におけるすべての「削除又は修正」
  4. 適用時期等

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
会計プラクティス部
マネジャー 長谷川 ロアン

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信