収益認識の会計処理 - 電気通信事業(IFRS) | KPMG | JP

収益認識の会計処理 - 電気通信事業(IFRS)

収益認識の会計処理 - 電気通信事業(IFRS)

Issues In-Depth - 本冊子は、電気通信事業におけるIFRS第15号の適用方法について、KPMGの見解を豊富な設例とともに詳細に解説しています。

関連するコンテンツ

水辺で撮影する男

内容

  1. 適用範囲
  2. ステップ1:顧客との契約の識別
  3. ステップ2:契約に含まれる履行義務の識別
  4. ステップ3:取引価格の算定
  5. ステップ4:取引価格の履行義務への配分
  6. ステップ5:履行義務の充足(一時点または一定期間)と収益認識
  7. 契約コスト
  8. 追加の財またはサービスに関する顧客のオプション
  9. 返金不要のアップフロントフィー
  10. 間接販売
  11. 買戻契約

英語コンテンツ(原文)

IFRSのトピック

米国基準のトピック

Issues In-Depth

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信