モーリシャスの投資会社にて発生したキャピタルゲインの取扱い | KPMG | JP

モーリシャスの投資会社にて発生したキャピタルゲインの取扱い

モーリシャスの投資会社にて発生したキャピタルゲインの取扱い

India News - モーリシャスの投資会社にて発生したキャピタルゲインはインド-モーリシャス租税条約において課税対象とはなりません。

関連するコンテンツ

新生インベストメント(申告者)の案件においてインドの事前審査機関(AAR)は、株式の譲渡により発生したキャピタルゲインは、インド-モーリシャス租税条約(租税条約)のArticle 13(4)の観点から、インドでは課税対象とはならないとの見解を示しました。AARは、Aditya Birla Nuvo Ltd(AB Nuvo)の案件におけるボンベイ高等裁判所の決定とは区別し、インド子会社の株式譲渡取引に対する当該条約の適用性を支持しました。
またAARは、インドにおいては、当該税務申告者はキャピタルゲイン税の責務を負わないことから、インドでの税務申告書の提出も不要との考えです。さらに政府による明確化を考慮すると最低代替税(MAT)に関連する条項は、適用されません。

(Tax Flash News-英語原文はこちら)
Capital gains arising to Mauritius Investment Company are not taxable in India under India - Mauritius tax treaty(English PDF:348kb)

担当者:笠間 智樹、大谷 尚功

India News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信