Brexitにかかる現状と今後の影響 | KPMG | JP

Brexitにかかる現状と今後の影響

Brexitにかかる現状と今後の影響

本稿は、週刊経営財務8月1日号に寄稿した記事に加筆修正をくわえたものです。

関連するコンテンツ

6月23日の国民投票の結果である英国のEU離脱(以下Brexit)という予想外の決定に、英国内外の政府・企業・一般市民が混乱に陥る状況が続いていますが、本稿では今後予想される英国における短期的・中期的動きとそれらへの対応について、欧州大陸側の状況も踏まえて整理しています。
また、長期的変化には、離脱通知から2年後の離脱直後に始まるものと、EU同盟外で事業活動を行うことになって次第に判明するであろうより長期的な影響があります。

内容

  1. はじめに-Brexitの概要と当面の影響
  2. 英国のEU離脱が与える税務への中長期的影響
  3. EU離脱による会計・監査に対する影響
  4. おわりに

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信