ASBJの中期運営方針

ASBJの中期運営方針

2016年8月12日、企業会計基準委員会(ASBJ)は中期運営方針を公表しました。中期運営方針は、ASBJの今後3年間の日本基準の開発の基本的な方針及び国際的な会計基準の開発に関連する活動を行うにあたっての基本的な方針を示すものです。

関連するコンテンツ

日本基準の開発については、日本基準を国際的に整合性のあるものとするための取組みと、その他の日本基準の開発に関する事項について、ASBJの基本的な方針が示されています。
また、国際的な会計基準の開発に関連する活動については、国際的な意見発信の強化、修正国際基準の開発、国際会計基準に関する解釈の取組み、国際的な会計人材の育成について、ASBJの基本的な方針が示されています。

ポイント

  • 中期運営方針は、ASBJの今後3年間の日本基準の開発の基本的な方針及び国際的な会計基準の開発に関連する活動を行うにあたっての基本的な方針を示すものである。
  • ASBJは、日本基準を国際的に整合性のあるものとする取組みは、国際的な会計基準を自動的に日本基準に採り入れることを意味せず、国際的な会計基準における個々の会計処理について日本基準に採り入れる範囲を適切に決める必要があるとしている。
  • ASBJは、日本基準を高品質で国際的に整合性のあるものとする等の観点から、収益認識に関する包括的な会計基準の開発を行っており、これを最も優先的に検討を進めていくとしている。
  • ASBJは、国際的な会計基準の開発に関連する活動として、わが国の考えを国際的な会計基準に反映することが可能となるよう、国際的な会計基準の策定の場におけるわが国のプレゼンスの向上及び影響力の強化を図る必要があるとしている。

内容

  1. はじめに
  2. 日本基準の開発
    1. 開発に関する方針
    2. 日本基準を国際的に整合性のあるものとするための取組み
    3. その他の日本基準の開発に関する事項
  3. 国際的な会計基準の開発に関連する活動
    1. 国際的な意見発信の強化
    2. 修正国際基準の開発
    3. 国際会計基準に関する解釈の取組み
    4. 国際的な会計人材の育成 

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
会計プラクティス部
パートナー 川西 安喜

日本基準のトピック

修正国際基準のトピック

IFRSのトピック

米国基準のトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン