デジタル時代の戦略リーダー像 | KPMG | JP

デジタル時代の戦略リーダー像

デジタル時代の戦略リーダー像

ICTの加速度的な進化によるデジタル化の波は、あらゆる産業に対してこれまでにない短い時間軸で抜本的な変革を迫っています。一定の原理原則に基づいた予測・管理を行う経営手法は限界を迎えており、経営リーダーシップもまた変革の必要性に迫れています。本稿では、デジタルの時代観と経営観を考察したうえで、求められるリーダーシップ像について述べていきます。

関連するコンテンツ

今、我々が直面し始めている「デジタル化」とは何なのか。これまでのビジネスでは既存モデルの改善による効率性向上や価値向上に焦点があてられてきましたが、Digital Disruptionと形容されるデジタル化の波が加速することで、企業は提供価値の概念から問いただす必要性に迫られています。

顧客ニーズの変化の時間軸も従来とは比較にならないほど短縮され、また規制緩和も後押しすることで寡占市場においても新規参入障壁が低くなり、デジタル化による企業活動全体の変革を起こしていくことは急務であるという危機感が醸成されつつあります。

本稿では、このようなデジタル時代への転換期において、企業が直面しているデジタル時代を俯瞰し、その中で経営に求められること、そして企業が持続的な成長を続けるために求められるリーダーシップとは何か、に主眼をおき考察を進めます。

内容

  1. ビジネスの構成要素であるヒト・モノ・カネのデジタル化が加速する
  2. 加速するデジタルテクノロジーの進化がもたらす既存産業へのインパクト
  3. 新たなプラットフォーマーの登場が既存産業のルールを変える
  4. デジタル時代に求められる経営観(勘)
  5. デジタル時代における人の動かし方

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
マネジメントコンサルティング
シニアマネジャー 高木 康信

デジタル経営改革の最前線

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信