勃興するインバウンド産業を下支えする「インバウンドテック」とその未来は? | KPMG | JP

勃興するインバウンド産業を下支えする「インバウンドテック」とその未来は?

勃興するインバウンド産業を下支えする「インバウンドテック」とその未来は?

インバウンドは、政府の成長戦略においても重要な政策分野となっており、期待されるマーケットといえます。そのインバウンド業界にFintechに代表される【業界特性】×【IT活用】の潮流が押し寄せています。本稿では、インバウンドテック(【インバウンド】×【テクノロジー】)に焦点をあて、勃興するサービスを解説し、発展の方向性と未来について考察します。

関連するコンテンツ

  • 成長が期待されるインバウンドマーケットにおいて、IT活用を得意する新しいインバウンドテックサービスが勃興してきています。背景には、旅行者のITリテラシーの向上と日本固有のインバウンドビジネス課題があり、既存のインバウンド事業者ではカバーできない領域に、新興インバウンドテックサービスが登場し、相互補完の関係を形成している状況があります。
  • インバウンドビジネスの動向を整理し、勃興するインバウンドテックサービスに焦点をあて、既存のインバウンド事業者との関わり、IT活用方法、サービス提供領域を訪日外国人の動線に沿って解説します。
  • また、海外では、シェアリングエコノミーの概念で、インバウンド領域で急速に事業を拡大している新しい事業者が存在感を増しています。その動向から、今後のインバウンドテックサービスの発展の方向性とそれらサービスの活用、連携の戦略について考察し、既存のインバウンド事業者が取り組むべき方向性についても、モデルケースとなりうる取組みを紹介し、示唆をこころみます。

内容

  1. インバウンドビジネスの動向
  2. 勃興するインバウンドテックサービス
  3. 海外のインバウンドテックサービスの動向
  4. インバウンドテックサービスおよびビジネスの未来は?

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
マネジメントコンサルティング
ディレクター 秋澤 博文

デジタル経営改革の最前線

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信