KPMGグローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイ2013 | KPMG | JP

KPMGグローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイ2013

KPMGグローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイ2013

本サーベイは、世界の自動車産業の現状と将来を分析することを目的に毎年行っている調査です。今回の調査では、自動車メーカー、サプライヤー、販売ディーラー、金融サービス会社、レンタカー業者、そしてモビリティサービスプロバイダーを含む世界の自動車関連企業の幹部レベル200名の方々にインタビューを行い、洞察に満ちた多くの回答が得られました。

関連するコンテンツ

今日の自動車業界のリーダー達は、未来の移動手段を左右する数多くの重要な意思決定に直面しています。
高コストなバッテリー、比較的短い走行距離、いまだ初期導入段階にある充電インフラ…、これらを知りながらも電気自動車の競争をリードするために自動車メーカーは奮闘すべきでしょうか?
それとも、エネルギーの供給減少やコスト増加、進行する排出ガス問題に対する懸念にも係わらず、今後も引き続き旧来の内燃機関の効率化に注力すべきでしょうか?あるいは、新興国で台頭する中間所得層がSUVや高級車を求めているこの時期に、都市型小型自動車に注力すべきでしょうか?

これらは、14回目を迎える今回のKPMGグローバル・オートモーティブ・サーベイが、世界をリードする自動車業界のエグゼクティブの視点を調査して得られた課題の一部に過ぎません。我々は、自動車メーカー、サプライヤー、販売ディーラー、金融サービス会社に加え、モビリティサービスプロバイダーやレンタカー業者を含め、業界横断的に自動車業界を代表する方々にインタビューを実施しました。
将来の収益源を失わないために正しい投資判断を求められるあらゆる自動車業界関係者にとって、彼らの言葉は間違いなく重要な指針となるでしょう。

内容

  1. 概要
  2. 市場動向と消費者の視点
  3. 変化をもたらすもの
  4. 環境問題への挑戦:グリーンドリームの追求
  5. 都市化の進行:大都市の狭い道に立ち向かう
  6. 顧客行動の変化:販売ディーラーはどう対応するか
  7. 成長とグローバル化:躍進する新興国市場 生産能力の抑制
  8. 今後の成功への道筋
  9. 世界市場を支配するのは誰か?
  10. 展望:エグゼクティブは多次元的な自動車業界の中で自社の位置づけを考える必要あり

自動車

自動車

監査・税務・アドバイザリーの各専門家がグローバルと連携し、経営課題の解決を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信