KPMG グローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイ2011 | KPMG | JP

KPMG グローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイ2011

KPMG グローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイ2011

KPMGグローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイは、世界の自動車業界の現状と将来を分析することを目的に毎年行っている調査です。今回の調査では、自動車メーカー、部品メーカーおよび販売ディーラーを含む世界の大手自動車関連企業の幹部レベル200名の方にインタビューを行い、興味深い回答が得られました。

関連するコンテンツ

世界的な経済危機のあおりを受け、自動車関連企業は事業・財務の大がかりなリストラを行いました。その後のデータを見る限り、自動車販売は世界中で成長が回復しているようです。しかし、それがいつまで続くか定かではありません。

自動車業界では今まさに、新技術の登場と、それに伴うビジネスモデルの変化が起こっています。エネルギーやエレクトロニクス、ITなどの業界から新規参入が相次ぎ、業界の枠組みが崩れつつあります。新規参入業種との相互依存関係をうまく構築できるかどうかは、自動車関連企業が今後生き残る上での重要な成功要因であると思われます。消費者や規制当局は、環境への負荷を減らし、ランニングコストを削減するために、これまで以上に燃費の向上を求めています。一方で、中国やインドなどの経済の台頭が新たな競争を生みだしています。

今回で12回目となるKPMGグローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイでは、自動車関連業界の現状を調査するとともに、今後数年間の戦略を立案する上でのポイントをまとめました。

内容

  1. 概要
    ロードマップに影響を与える要素
  2. 消費者の動向
    今や自動車が環境に適応
  3. 将来のビジネスモデル
    自動車メーカーと部品メーカーの役割に変化?
  4. 過去を振り返って
    過去7年間の自動車業界における主要課題
  5. 業績・利益動向
    バランスのとれたグル-バルな存在へ
  6. 新興市場の動向
    中国が圧倒的な優勢を誇るが、インドも成長中
  7. 結論
    将来のロードマップの基礎を築く

自動車

自動車

監査・税務・アドバイザリーの各専門家がグローバルと連携し、経営課題の解決を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信