共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換

共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換

国税庁は7月29日、共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換というページを開設しました。 (共通報告基準(Common Reporting Standard: CRS)とは、外国の金融口座を利用した国際的な脱税及び租税回避に対処することを目的としてOECDが策定した、非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のための国際基準です。)

関連するコンテンツ

内容

  1. 共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換

KPMG Japan e-Tax News No.116 掲載

e-Tax News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン