企業版ふるさと納税(Corporate Version of Hometown Tax)

企業版ふるさと納税(Corporate Version of Hometown Tax)

地方公共団体が地方創生のために効果的な事業を進めていく際に、事業の趣旨に賛同する企業が寄附を行うことにより、官民挙げてその事業を推進することができるよう、2016年度税制改正において企業版ふるさと納税制度が創設された。

関連するコンテンツ

制度の概要

青色申告書を提出する法人が、地域再生法の一部を改正する法律の施行日(2016年4月20日)から2020年3月31日までの間に、地域再生法の認定地方公共団体が行った、まち・ひと・しごと創生寄附活用事業に関連する寄附金(特定寄附金※1)を支出した場合に、その支出した日を含む事業年度において、その特定寄附金の合計額(A)について以下の税額控除の適用を受けることができる。

法人事業税額

(A)×10%
(上限:法人事業税額の20%※2

法人住民税額
(法人税割額)

(A)×20%
(上限:法人税割額の20%)

法人税額

以下のうち、いずれか少ない金額

  • (A)×20%-法人住民税額から控除される金額
  • (A)×10%

(上限:法人税額の5%)

※1 その寄附をした者がその寄附によって設けられた設備を専属的に利用することその他特別の利益がその寄附をした者に及ぶと認められるものは除かれる。
※2 2019年10月1日以後開始事業年度については15%

なお、企業版ふるさと納税による法人の税負担軽減は、地方公共団体に対する寄附金としてその全額が損金の額に算入されることによる税負担の軽減(法人実効税率を30%とした場合には、寄附金の30%)及びこの制度による税額控除(全額控除が可能な場合、寄附金の30%)となり、合計で寄附金の約60%に及ぶこととなる。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン