VUCAワールドに向けて射掛けるデジタル経営改革の嚆矢 | KPMG | JP

デジタル経営時代を切り拓く全社一丸のIT改革 - 第4回(最終回):VUCAワールドに向けて射掛けるデジタル経営改革の嚆矢

VUCAワールドに向けて射掛けるデジタル経営改革の嚆矢

デジタル技術革新の加速と連鎖が経済環境や企業活動に対して破壊的なインパクトをもたらす時代に突入したことは、ある種の“新常態”として共通認識が形成されつつあります。一方で、企業活動における情報技術を司ってきたIT部門の多くが急速な外部環境の変化に柔軟に対応できているとは言い難い状況です。本連載では、今日のIT機能が直面する課題と「次世代IT部門」の姿を考察し、全社的変革の要諦と起点を解説します。

関連するコンテンツ

過去3回に渡って全社横断のIT機能の改革の必然性と重要性、そして未来の方向性についての論考進めてきましたが、最終回となる今回は、本シリーズの結びとして、次世代IT部門の実現に向けた全社的改革の初動段階での要諦を解説します。

大規模な企業改革においては改革の関係者・対象者の意識変革がクリティカルパスとなりますが、デジタル経営改革においても特有の“意識の壁”と、情報の非対称性から生じる改革阻害のメカニズムが存在します。また、“VUCAワールド”と形容される、極めて視界不良な経営環境の下で、企業経営の在り方も根本的に変化してきています。

これらの観点も踏まえて、デジタル経営時代に即した企業改革の推進アプローチを再考・再定義し、1社でも多くの企業が改革に着手できる一助とすべく、改革の突破口を明らかにすることを試みます。

内容

  1. デジタル経営改革を阻む意識の壁
  2. デジタルかつVUCAな経済環境が企業経営の在り方を大きく変える
  3. 走りながら考える、証明しながら広げる改革推進アプローチ
  4. スタートラインで試される組織の本気度
  5. 小さな実証実験から始めて大きな改革に育てあげる
  6. 侮るなかれ、されど畏るるなかれ

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
マネジメントコンサルティング
ディレクター 石井 信行
シニアマネジャー 西川 陽介

デジタル経営改革の最前線

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信