2016年度 シンガポール予算案

2016年度 シンガポール予算案

2016年3月24日に2016年度シンガポール予算案が発表されました。シンガポールの2015年度の成長率は2.0%で48.8億シンガポールドル(以下S$)(S$1は約80円)の財政赤字(内税収はS$641億)となり、当初予想の財政赤字67億S$を下回りました。2016年度の成長率は1~3%と予想され、S$34.5億の財政黒字(内税収はS$684億)と予想されています。

関連するコンテンツ

予算案では今後のシンガポールの方向性やそれに応じた当年度の税制改正案も提唱されています。シンガポールは昨年度に建国50周年をむかえ、当年度の予算案および税制改正は、過去の成功を基礎として、より明るい未来を築くための施策が継続されたと言えるかもしれません。なお、一方で、シンガポールは、当年初に、政労使代表からなる未来経済委員会を組成し、新しい経済成長戦略についても協議を進めています。本稿では、当年度予算案の中から、打ち出された税制改正案を予算案の3つのテーマである、短期的な課題への対処、事業革新による経済基盤への変革、思いやりと活力のある社会の構築、に沿ってご紹介します。既存のスキームの拡充が多く、新規スキームは見当たりませんが、小さなステップの積み重ねにより将来に備える特色が見えてきます。

内容

  1. 短期的な課題への対処
  2. 事業革新による経済基盤の変革
  3. 思いやりと活力のある社会の構築
  4. タックスインセンティブ
  5. その他

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
ASEAN事業室 シンガポールデスク
パートナー 西田 直弘
パートナー 神山 卓樹

シンガポール

シンガポール

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン