直接税中央委員会(CBDT)による一般租税回避防止規則(GAAR)の改正

直接税中央委員会(CBDT)による一般租税回避防止規則(GAAR)の改正

India News - 一般租税回避防止規則(GAAR)導入の経緯を述べるとともに、直接税中央委員会(CBDT)による改正についての情報を掲載しています。

関連するコンテンツ

2013年の財政法において、1961年の所得税法(the Act)に一般租税回避防止規則(GAAR)が導入されました。また、2016年の財政法は、2017年4月1日より有効となります。[評価期間 (AY) 2018-19] その後、直接税中央委員会(CBDT)は、GAARの適用に関するルールを通達します。

先日、CBDTは、GAARを改正しました。(2016年6月22日発行の、Notification No. 49/2016を参照ください。)

詳細は、以下リンクのFlash Newsを参照ください。

(Tax Flash News-英語原文はこちら)
CBDT amends General Anti-Avoidance Rules(English PDF:279kb)

担当者:笠間 智樹、合田 潤

インド

インド

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

India News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン