国税庁 - 移転価格税制に係る文書化制度に関する情報を公表 | KPMG | JP

国税庁 - 移転価格税制に係る文書化制度に関する情報を公表

国税庁 - 移転価格税制に係る文書化制度に関する情報を公表

経済協力開発機構(OECD)の税源浸食と利益移転(BEPS)プロジェクトにおけるAction 13「多国籍企業情報の文書化」の最終報告書を踏まえ、2016年度税制改正では、移転価格税制に係る文書化制度について見直しが行われました。

関連するコンテンツ

これらの改正を受けて、6月30日、国税庁は「移転価格税制に係る文書化制度に関する改正のあらまし」や「独立企業間価格を算定するために必要と認められる書類作成に当たっての例示集」等の情報を公表しました。

内容

  1. 移転価格税制に係る文書化制度に関する改正のあらまし
  2. Outline of the Revision of the Transfer Pricing Documentation
  3. 独立企業間価格を算定するために必要と認められる書類(ローカルファイル)作成に当たっての例示集
  4. 特定多国籍企業グループに係る国別報告事項
  5. 特定多国籍企業グループに係る国別報告事項表1から表3
  6. 特定多国籍企業グループに係る事業概況報告事項
  7. 特定多国籍企業グループに係る最終親会社等届出事項兼最終親会社等届出事項・国別報告事項・事業概況報告事項の提供義務者が複数ある場合における代表提供者に係る事項等の提供

KPMG Japan e-Tax News No.111 掲載

e-Tax News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信