FASB - 信用損失の認識の早期化をもたらす新基準を公表

FASB - 信用損失の認識の早期化をもたらす新基準を公表

Defining Issues 16-23 - FASBが2016年6月16日に公表したASU第2016-13号「金融商品に関する信用損失の測定」に関する内容を含んでいます。このASUにより、金融資産の減損を認識する方法が大きく変わることになります。新基準書は、多くの金融資産について、それらの残存期間にわたって発生することが見込まれる予想信用損失をただちに認識することを要求しています。

関連するコンテンツ

企業によっては、新基準書の規定に準拠するために、データの収集を増やし、システム、プロセス及び内部統制を大幅に変更することが必要です。新基準書から最も大きな影響を受けることになる企業(銀行及びその他の金融機関等)は、ただちに新基準書の影響の分析を開始することが重要です。

内容

  1. CECL手法の適用範囲
  2. 購入した信用毀損金融資産
  3. 売却可能負債証券
  4. 保証
  5. 適用日及び移行措置

 

詳細につきましては、PDFをご参照下さい。

英語コンテンツ(原文)

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン