クラウド活用によるビジネス変革 | KPMG | JP

クラウド活用によるビジネス変革

クラウド活用によるビジネス変革

現在、IT・テクノロジーはかつてないスピードで進化し続けています。企業や組織はその変化に対応するために、従来以上のスピードでビジネス変革を実現することが求められています。システムインテグレーターはサービスインテグレーターへの転換を迫られ、ITベンダはクラウドプロバイダへと変貌し、インターネット企業はクラウドを前提としたプラットフォームビジネスを追求しています。

関連するコンテンツ

また、ユーザ企業のIT部門はインフラストラクチャの維持管理ではなく、戦略的で効率的なクラウド活用の体現者としての資質が求められ、ビジネス部門はとりわけIT・テクノロジーの活用を前提としたビジネス、すなわちデジタル・ビジネスの世界で競争を求められる時代となりました。

昨今、多くの企業がクラウドの有用性を理解し、ビジネス戦略に組み込むことで、企業競争力の強化に邁進しています。その一方で、データ・セキュリティ、コンプライアンス、ビジネス変革に対する抵抗力などへの懸念により、今一歩、大きく舵を切れない状況であることも事実です。

本稿では、クラウドを取り巻く状況がここ数年で大きく変化したことで、企業・組織にどのようなビジネス変革がもたらされたか、そしてビジネス変革につながるクラウド導入の効果的なアプローチとは何かについて、いくつかのポイントを解説します。

内容

  1. クラウドビジネスを取り巻く状況~成長期から成熟期へ~
  2. ビジネス・アジリティへの挑戦
  3. ファストIT戦略
  4. おわりに

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
シニアマネジャー 信田 人
マネジャー 國島 常司
マネジャー 堂野 心悟

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信