クラウド活用によるビジネス変革 | KPMG | JP
close
Share with your friends

クラウド活用によるビジネス変革

クラウド活用によるビジネス変革

現在、IT・テクノロジーはかつてないスピードで進化し続けています。企業や組織はその変化に対応するために、従来以上のスピードでビジネス変革を実現することが求められています。システムインテグレーターはサービスインテグレーターへの転換を迫られ、ITベンダはクラウドプロバイダへと変貌し、インターネット企業はクラウドを前提としたプラットフォームビジネスを追求しています。

関連するコンテンツ

また、ユーザ企業のIT部門はインフラストラクチャの維持管理ではなく、戦略的で効率的なクラウド活用の体現者としての資質が求められ、ビジネス部門はとりわけIT・テクノロジーの活用を前提としたビジネス、すなわちデジタル・ビジネスの世界で競争を求められる時代となりました。

昨今、多くの企業がクラウドの有用性を理解し、ビジネス戦略に組み込むことで、企業競争力の強化に邁進しています。その一方で、データ・セキュリティ、コンプライアンス、ビジネス変革に対する抵抗力などへの懸念により、今一歩、大きく舵を切れない状況であることも事実です。

本稿では、クラウドを取り巻く状況がここ数年で大きく変化したことで、企業・組織にどのようなビジネス変革がもたらされたか、そしてビジネス変革につながるクラウド導入の効果的なアプローチとは何かについて、いくつかのポイントを解説します。

ポイント

  • 急成長を続けるクラウド市場が技術的な成熟期を迎えつつある。クラウドが実用段階を迎え、その利用形態や選択肢がますます多様化・進化する中、企業はメリット、デメリットを理解した上で、自組織にどう戦略的に活用していくのか検討する必要がある。
  • グローバル化や顧客ニーズの変化など、企業を取り巻く環境の変化が加速の一途を辿る中、ビジネス・アジリティ(変化に素早く対応できる能力)を高めることが、事業継続性の観点において非常に重要な位置付けとなっている。
  • 柔軟性と俊敏性は、ビジネス・アジリティを高めるために重要な要素であると言える。従来の基幹システムなどを活用しつつ、Engagement(人との関係構築)、Insight(新たな知見や洞察の獲得)といった新たな領域に取り組んでいくことは、これらの要素に働きかける有効な手段の1つとして挙げられる。
  • 企業競争力を強化する手段でもあるクラウドの効果的な導入/活用に向け、利用者は最適なビジネスパートナーを選定する力を身に付けること、提供者は選ばれるベンダーとして変化すること等、いくつかの変化が求められている。

内容

  1. クラウドビジネスを取り巻く状況~成長期から成熟期へ~
    1. クラウド市場動向
    2. クラウドモデルについて
    3. クラウド利活用の狙いと現状
    4. クラウド利活用のステップ
  2. ビジネス・アジリティへの挑戦
    1. ビジネス・アジリティの重要性
    2. クラウド活用によるビジネス・アジリティの向上
  3. ファストIT戦略
    1. 投資効果の獲得に向けて
    2. 利用企業および提供企業に求められる変化
  4. おわりに

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
シニアマネジャー 信田 人
マネジャー 國島 常司
マネジャー 堂野 心悟

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信