BEPS新移転価格文書化規定~平成28年度税制改正の内容と解説~

BEPS新移転価格文書化規定~平成28年度税制改正の内容と解説~

OECDにおけるBEPSプロジェクトの最終提案に基づき、日本においても新たな移転価格文書の作成義務に関する税制改正が行われ、今後多国籍企業グループは、(1)国別報告書、(2)マスターファイル、(3)ローカルファイルの3種類の移転価格文書の作成が求められることとなりました。

関連するコンテンツ

本稿では、新たな各移転価格文書に関して、日本における税制改正の内容についての解説を行うとともに、諸外国における当該制度への対応の動向や、この改正が日系企業に与える影響と今後の課題について解説します。

内容

  1. はじめに
  2. 国別報告書(国別報告事項)への対応
  3. マスターファイル(事業概況報告事項)への対応
  4. ローカルファイル(日本における移転価格文書)に係る関連規定
  5. 諸外国の動向
  6. 新移転価格文書化制度が日経企業に与える影響
  7. 日経企業における今後の課題

執筆者

KPMG税理士法人
国際事業アドバイザリー
パートナー 鈴木 彩子
シニアマネジャー 細水 兼二郎

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン