全ての産業と企業がDigital Disruptionに直面する時代 | KPMG | JP

デジタル経営時代を切り拓く全社一丸のIT改革 - 第1回:全ての産業と企業がDigital Disruptionに直面する時代

全ての産業と企業がDigital Disruptionに直面する時代

デジタル技術革新の加速と連鎖が経済環境や企業活動に対して破壊的なインパクトをもたらす時代に突入したことは、ある種の“新常態”として共通認識が形成されつつあります。一方で、企業活動における情報技術を司ってきたIT部門の多くが急速な外部環境の変化に柔軟に対応できているとは言い難い状況です。本連載では、今日のIT機能が直面する課題と「次世代IT部門」の姿を考察し、全社的変革の要諦と起点を解説します。

関連するコンテンツ

本稿では、テクノロジー革新がもたらす破壊的なインパクトを俯瞰的に整理し、企業活動や重要なステークホルダーにどのような変化が生じているのかを改めて考察します。以前とは異なり、デジタル技術は一部のテクノロジー企業の占有物ではなくなりました。ほぼ全ての産業に影響する新たな経済ルールが出現し、長期に渡って機能してきた既存ビジネスモデルが短期で陳腐化するケースも頻発しています。

また、企業内でも日常的に先端テクノロジーに触れる機会が増えた事業部門のユーザリテラシーの向上に伴い、従来のIT部門と事業部門のパワーバランスにも変化が生じています。IT部門にとっての調達先であるITサービス産業もソリューションの多様化・高度化、ITベンダーのグローバル化などの著しい構造変化が続いています。

IT機能を取り巻く環境の劇的な変化について、IT部門の目線ではなく、全体視点から捉え直すことに主眼をおいて解説を進めます。

内容

  1. 企業に全方位的な変革を迫るテクノロジー革新の加速と連鎖
  2. テクノロジー革新で経済原理も企業経営も変わる
  3. テクノロジーとともに進化し続けるユーザーリテラシー
  4. テクノロジー革新によりITソーシングも変化する

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
マネジメントコンサルティング
ディレクター 石井 信行
シニアマネジャー 西川 陽介

デジタル経営改革の最前線

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信