IASB、公開草案「事業の定義及びすでに保有している持分の会計処理(IFRS第3号及びIFRS第11号の改訂案)」を公表

IASB、公開草案「事業の定義及びすでに保有している持分の会計処理」を公表

IFRSニュースフラッシュ - 国際会計基準審議会(IASB)は、2016年6月28日、公開草案「事業の定義及びすでに保有している持分の会計処理(IFRS第3号及びIFRS第11号の改訂案)」を公表しました。

関連するコンテンツ

本公開草案では、以下の2つの論点に関する明確化を提案しています。

  • IFRS第3号の適用にあたり、事業と資産グループとをどのように区別すべきか
  • 共同支配事業の支配または共同支配を獲得した場合に、すでに保有している持分についてどのような会計処理をすべきか

コメント期限は2016年10月31日です。

要約

本公開草案では、以下の明確化を提案しています。

  • 事業とみなすための最低限の要求事項、アウトプットの定義の改訂、設例の追加等を行い、何が事業と考えられるのかを明確化するIFRS第3号の改訂を提案している。
  • 事業の定義を満たす共同支配事業の支配を獲得する取引は、段階的に達成される企業結合であり、すでに保有している共同支配事業に対する持分を再測定することを明確化するIFRS第3号の改訂を提案している。
  • これまで共同支配事業に対する共同支配を有していなかった企業が、事業の定義を満たす共同支配事業に対する共同支配を獲得する場合には、すでに保有している持分を再測定しないことを明確化するIFRS第11号の改訂を提案している。

詳細はPDFをご参照ください。

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン