内部監査を通じた価値の追求

内部監査を通じた価値の追求

企業にとって、有効な内部監査機能となるには何が必要でしょうか?それは価値の提供です。有効な内部監査機能とは、企業がすでに知っている内容について深く掘り下げるだけではなく、新たな発見と見解を示し、そうした洞察を収集する新たな方法を提供するものです。

関連するコンテンツ

KPMGとForbesはこのほど、400社以上の最高財務責任者(Chief Financial Officer:CFO)および監査委員会委員長を対象に、自らの組織における内部監査機能のパフォーマンス、重点、価値、将来に関する数多くの課題について調査を実施しました。

その結果から、CFOと監査委員会委員長が優先事項として認識しているものと、実際に内部監査機能から得ているものとの間に、「価値のギャップ」のあることが明らかになりました。

内容

  1. 価値の実現
  2. リスクに対する新たなアプローチ
  3. テクノロジーの活用

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン