収益認識の会計処理-電気通信事業への影響 | KPMG | JP

収益認識の会計処理-電気通信事業への影響 Accounting for revenue is changing: Telecommunications

収益認識の会計処理-電気通信事業への影響

IASBが2016年4月に公表した「IFRS第15号の明確化」に基づき、改訂後のIFRS第15号が電気通信事業を営む企業の会計処理に与える影響について解説します。

関連するコンテンツ

2018年1月1日に発効する収益認識に関する新基準は、電気通信事業に著しい影響を与えます。特に、一部の収益の認識が前倒しされ、また一部のコストの認識が延期される可能性があります。また、新基準の開示規定により、詳細な開示が要求されます。販売奨励金が付された携帯電話機や支払期間が1年超にわたる契約といった、業界特有の取決めの多くが影響を受けます。

内容

  1. 影響の概要
  2. KPMGのサービス

IFRSのトピック

収益認識の会計処理

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信