U.S.GAAP開示例 - 収益(2016年5月版) | KPMG | JP

U.S.GAAP開示例 - 収益(2016年5月版)

U.S.GAAP開示例 - 収益(2016年5月版)

この冊子は、Topic 606「顧客との契約から生じる収益」により要求される開示の例及び解説を提供するものです。FASBが2016年5月9日にASU第2016-12号「顧客との契約から生じる収益:限定的な改善及び実務上の便法」を公表し、Topic 606は実質的に最終化されたと考えられます。この開示例は、架空の企業を用いて、収益に関する複雑な開示規定について分かりやすく解説しています。

関連するコンテンツ

内容

  1. 開示の焦点
  2. この冊子について
  3. Topic606について
  4. 貸借対照表
  5. 利益及び包括利益計算書
  6. 株主の持分変動計算書
  7. キャッシュフロー計算書
  8. Topic606のもとでの収益の開示
  9. Appendix I:適用開始の累積的影響を開示する遡及適用
  10. Appendix II:開示チェックリスト(年次及び期中)

英語コンテンツ(原文)

米国基準のトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信