IPO Monthly Report (2016年4月) | KPMG | JP
close
Share with your friends

IPO Monthly Report (2016年4月)

IPO Monthly Report (2016年4月)

2016年4月のIPO市場の動向をまとめたレポートをお届けします。

関連するコンテンツ

目次

  1. IPO社数と月別推移
  2. IPOカレンダー(4月)
  3. 月間IPO概況
  4. 月間新規上場会社概要

≪参考≫IPOデータ

新規上場会社売上高の推移

新規上場会社経常利益の推移

新規上場会社資金調達額の推移

新規上場会社初値時価総額の推移

月間IPO概況

2016年4月の月間新規上場会社数は、前年同月比7社減の5社となりました。これで、2016年1~4月の新規上場会社数は28社(前年比5社減)となりました。

4月の株式市場は、日経平均株価が、月間で約93円(約0.6%)下落しました。2014年末から下落を続ける原油価格の底入れ機運や、中国による金融・財政両面による景気支援策への評価の高まりなどにより、日経平均株価は、17,000円台を回復する展開で推移しました。しかし、月末に開催された日銀の金融政策決定会合における金融緩和追加策の見送りや、米国財務省による主要貿易相手国の為替政策を分析した半期為替報告において、為替政策の「監視リスト」に日本が初めて指定されたことを受けて、円高ドル安が急速に進行し、日経平均株価も大きく下落しました。

そのような市場環境のなか、5社の新規上場が行われました。まず、4/5、マザーズに上場したハイアス・アンド・カンパニーは、建設業者、工務店、不動産仲介業者など地域の中小企業を会員組織としてネットワーク化を図り、住関連産業におけるビジネスモデルや情報技術を応用した経営効率化手法を、事業提携先との協力を通じて企画・開発・パッケージ化し、業態転換の必要性をもつ企業を主な対象顧客として提案・提供を行っています。こちらの初値は公募価格を約189.5%上回りました。次に、4/19、マザーズに上場したグローバルウェイは、働く人のための情報プラットフォーム「キャリコネ」を運営し、転職ニーズのあるユーザーが会員登録、求人への応募、採用等のアクションに応じて掲載企業や提携先の人材紹介会社から成果報酬を獲得しています。同社の転職コンサルタントが求人企業に求職者を紹介する有料職業紹介サービスも行っています。また、Salesforce.com社やNetSuite社等が提供するクラウド型業務用ソフトウェアを顧客ニーズに応じてカスタマイズし、そのソフトウェアに連携する自社開発ソフトウェアをライセンス販売しています。こちらの初値は公募価格を約373.0%上回り、これまでで今年最大の初値上昇率となりました。最後に、4/21、東証2部に上場したジャパンミートは、同社と連結子会社4社で構成され、主にスーパーマーケット事業を展開しています。精肉専門店として創業した同社が青果・鮮魚・惣菜等の各子会社を買収、合併して業容拡大してきた経緯から、各店舗ではそれぞれの専門性を活かし、一般的な食品スーパーとは異なる品揃えを構築しています。商品の仕入については、同社が保有する加工物流センターにおいて大量備蓄機能を活用することで、食材価格変動の影響を受けにくい仕入体制を構築し、採算の安定と商品在庫の確保を図っています。こちらの初値は公募価格を約3.0%上回りました。

IPO Monthly Report

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信