インド政府、年金積立基金の早期引き出し制限を撤回 | KPMG | JP

インド政府、年金積立基金の早期引き出し制限を撤回

インド政府、年金積立基金の早期引き出し制限を撤回

India News - インド政府は、「1952年従業員積立金制度の改正を目的とした通達」の撤回を決定しました。

関連するコンテンツ

インド政府、労働雇用省は、年金積立基金(PF)の引き出しに関して、1952年従業員積立金制度を改正するための通達を2016年2月10日付けで公表していました。当該通達は従業員が年金の積立金の全額を早期に引き出すことに関して制限を加えるものでした(55歳で引き出せるところを58歳に引き上げるなど)。

しかし政府は、様々な利害関係者からの意見によって、この通達の撤回を決定しました。従業員積立基金機関は、これに関して2016年4月19日付で通知を発行しました。

(Tax Flash News-英語原文はこちら)
Government of India withdraws the restrictions on early provident fund withdrawals(English PDF:249kb)

担当者:笠間 智樹、合田 潤

インド

インド

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

India News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信