新リース会計「IFRS第16号」の概要 | KPMG | JP

新リース会計「IFRS第16号」の概要

新リース会計「IFRS第16号」の概要

2016年1月13日、国際会計基準審議会(IASB)は米国財務会計基準審議会(FASB)と共同で5年以上にわたって進められてきたリース会計基準の改訂プロジェクトの最終成果物として、IFRS第16号「リース」を公表しました。

関連するコンテンツ

IFRS第16号では、短期のリース及び少額資産のリースを除くすべてのリース取引において、借手は使用権を資産として認識すると共にリース負債を計上します。他方、貸手は、従前のIAS第17号の処理がほぼそのまま引き継がれ微修正に留まることになりました。
本稿では、IFRS第16号の概要について、解説します。

内容

  1. 背景
  2. 新たに導入される会計モデルの外観(イメージ)
  3. 適用範囲とリースの定義
  4. 会計処理
  5. 会計処理の基礎となる事項
  6. リースバック&サブリース
  7. 表示・開示
  8. 適用・経過措置
  9. 米国基準との差異

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
IFRSアドバイザリー室
テクニカル・ディレクター 植木 惠
マネジャー 小林 央子

IFRSのトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信