デジタル時代のコンシューマービジネスとは - その戦略とオペレーションのあり方 | KPMG | JP

デジタル時代のコンシューマービジネスとは - その戦略とオペレーションのあり方

デジタル時代のコンシューマービジネスとは - その戦略とオペレーションのあり方

日々進化するデジタル時代を迎え、リアルとバーチャルの境界はますます曖昧なものとなり、人が介在することなく双方の空間を往き来することがまさに現実のものとなってきています。なかでもIoT(Internet of Things, モノのインターネット)は私たちの仕事や働き方ばかりでなく、暮らし方・暮しそのものまで大きく変えてしまう可能性があるとされています。

関連するコンテンツ

今後数年間で、わたしたちを取り巻く環境が様変わりする可能性がある今日、事業のあり方や企業の戦い方も好むと好まざるとにかかわらず、時代にあわせて変化させていくことが不可避な状況にあるといえます。なかでも消費者と直接向き合うコンシューマービジネスは、その中心にあるといえるでしょう。暮しが変わり、消費者自身が変わる・進化していく状況下では、コンシューマービジネスも対応を余儀なくされるからです。

本稿ではこのようなコンシューマービジネス領域に焦点を絞り、企業はデジタルの時代にどう向き合っていくべきかを述べてみたいと思います。

内容

  1. デジタルビジネスの時代
  2. デジタル時代の戦略
  3. デジタル時代のオペレーション
  4. おわりに

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
ディレクター 平井 泰世

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信