FASB - ASU案「ASU第2014-09号『顧客との契約から生じる収益』に対するテクニカルな修正及び改善」

FASB - ASU案「ASU第2014-09号『顧客との契約から生じる収益』に対するテクニカルな修正 ...

Defining Issues 16-19 - このDefining Issuesは、FASBが2016年5月18日に公表したASU案「ASU第2014-09号『顧客との契約から生じる収益』に対するテクニカルな修正及び改善」に関する情報を記載しています。

関連するコンテンツ

このASU案には、収益認識に関する新基準を適用することにより生じる意図しない結果に対処するための改訂案も含まれています。改訂案の多くは、FASB及びIASBの収益認識に関する移行リソースグループから提起された論点に対処するものです。
コメントの締切りは2016年7月2日です。

内容

  1. 残存する履行義務に関する開示の免除
  2. 製造前コスト
  3. 契約コストの減損
  4. 投資会社により発生するコスト
  5. 長期工事契約及び製造請負型契約
  6. 保険会社における新基準の適用範囲
  7. 契約変更
  8. 固定賭け率の賭博契約

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン