FASB - 収益認識に関する新基準が税金に及ぼす影響 | KPMG | JP

FASB - 収益認識に関する新基準が税金に及ぼす影響

FASB - 収益認識に関する新基準が税金に及ぼす影響

Defining Issues 16-16 - このDefining Issuesは、FASBの新しい収益認識基準が、財務報告における法人所得税及びその他の税金に関する算定に及ぼす影響について説明しています。その背景には、新たな収益認識基準により、収益認識に関する現行のU.S. GAAPのほとんどすべてが差し替えられ、財務諸表上で認識される収益の認識時期及び金額をが変更される得ることがあります。

関連するコンテンツ

内容

  1. 連邦及び州の法人所得税の会計処理方法
  2. 移転価格
  3. 法人所得税の会計処理
  4. 所得に基づかない税金
  5. その他の検討事項

英語コンテンツ(原文)

IFRSのトピック

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信