ビジネスレジリエンスの実現 ISO22320を踏まえた組織の危機対応力向上に向けて

ビジネスレジリエンスの実現 ISO22320を踏まえた組織の危機対応力向上に向けて

2013年の世界経済フォーラム(ダボス会議)をきっかけにビジネスや行政の分野で「レジリエンス」というキーワードが使われるようになった。日本では、内閣官房国土強靭化推進室により国土強靭化の取組みが進められており、2016年4月からは国土強靭化に取り組む企業に対する「レジリエンス認証」も開始された。

関連するコンテンツ

昨今増加するテロや移民・難民問題等の地政学的リスク、異常気象、重大なコンプライアンス違反等の危機がいつ発生しても不思議ではない状況であり、危機管理やBCP等の必要性を改めて認識させられる。

このような「想定の範囲外」で発生するような危機に対峙するうえで「レジリエンス」は中核となる概念であるが、「レジリエンス」という言葉は使用される分野や人によって定義が異なり、必ずしも一般的に浸透しているとは言えない。しかし、企業が「レジリエンス」を共通言語として扱い、危機に対するマインドセットを切り替え、またBCP等の既存の関連する取組みを補完、再構築することで、自社の危機対応力、ひいては企業価値の向上につなげることができるのではないだろうか。

「レジリエンス」という概念を改めて定義付けし、その観点から組織が危機にどのように対峙していくべきかについて、ISO22320の要求事項等も踏まえながら解説する。

内容

  1. レジリエンスとは?
  2. ISO22320を踏まえたレジリエンス強化の方向性
  3. まとめ

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
マネジャー 土谷 豪
シニアコンサルタント 木村 祐也
コンサルタント 竹内 理沙
コンサルタント 三好 崇弘

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン