サイバー攻撃に対する重要インフラ分野横断的演習の成果と企業における活用 | KPMG | JP

サイバー攻撃に対する重要インフラ分野横断的演習の成果と企業における活用

サイバー攻撃に対する重要インフラ分野横断的演習の成果と企業における活用

国内の社会インフラを担う企業等組織体の情報システムが、サイバー攻撃にさらされて障害が生じ、それがまた連鎖的に発生した場合、国民の社会生活、経済活動は深刻な影響を受けるのは言うまでもない。その対応策として、国と企業等組織体が互いにこれらの侵害に対して連携する仕組みを定めている。

関連するコンテンツ

これは、コンピュータウイルス、DDos攻撃等の不正アクセス等情報セキュリティ侵害を主とした攻撃に関する発生情報・対応情報を、重要インフラにかかわる企業等組織体と、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)および各業態の主管官庁の間で緊密に連携、連絡、報告するものである。その仕組みを理解し、確認するための演習をNISCが中心となり、この10年間、継続的に実施している。

その演習を支援する委員として参加している筆者の経験を踏まえ、本稿ではNISCと重要インフラ事業者がこれまで実施してきた分野横断的演習の内容とその成果、および一般企業等での演習の活用に関して概括する。

内容

  1. 重要インフラ分野横断的演習について
  2. 重要インフラ分野横断的演習で何が得られたか、何を学ぶのか
  3. 各組織における情報セキュリティインシデント対応演習の実施のすすめ

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
顧問 喜入 博

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信