金融庁、「金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ報告-建設的な対話の促進に向けて-」を公表 | KPMG | JP

金融庁、「金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ報告-建設的な対話の促進に向けて-」を公表

金融庁、「金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ報告-建設的な対話の促進に向けて-」を公表

会計・監査ニュースフラッシュ - 金融庁は、2016年4月18日に「金融審議会ディスクロージャー・ワーキングループ報告-建設的な対話の促進に向けて-」(以下「報告書」)を公表しました。金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ(座長 神田秀樹東京大学大学院法学政治学科研究科教授)」は、2015年11月より5回にわたり、企業の情報開示のあり方等について、検討及び審議を行ってきており、この結果を踏まえ報告書を公表したものです。

関連するコンテンツ

本報告書では、企業と投資家の建設的な対話を促進する観点も踏まえつつ、投資家が必要とする情報を効果的かつ効率的に提供するための情報開示のあり方等を検討し、決算短信、事業報告・計算書類、有価証券報告書の各開示書類の開示内容の整理・共通化・合理化、対話の促進に向けた開示の日程・手続のあり方、有価証券報告書のほか、任意開示を含む開示書類における非財務情報の開示の充実等が提言されています。

内容

  1. 報告書公表の背景
  2. 建設的な対話の促進に向けた開示のあり方
  3. 非財務情報の開示の充実
  4. 単体財務諸表におけるIFRS任意適用
  5. おわりに

参考情報へのリンク(外部サイト)

日本基準のトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信