IASB、「IFRS第15号の明確化」(IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の改訂)を公表 | KPMG | JP

IASB、「IFRS第15号の明確化」(IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の改訂)を公表

IASB、「IFRS第15号の明確化」(IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の改訂)を公表

IFRSニュースフラッシュ - IASBは2016年4月12日、「IFRS第15号の明確化」(IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の改訂)を公表しました。本改訂は、2015年7月30日に公表された公開草案「IFRS第15号の明確化」に寄せられたコメントを踏まえ、一部、公開草案に修正を加えて最終化したものです。

関連するコンテンツ

本改訂のポイントは以下の通りです。

  • IASBが2014年5月に公表したIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」における以下の論点に関する要求事項が本改訂により明確化されました。
    1. 履行義務の識別
    2. 本人または代理人の検討
    3. ライセンス
  • 移行措置として、完了した契約及び契約変更に関する実務上の便法を追加されました。
  • 本改訂は、2018年1月1日以降に開始する会計年度より適用されます。

内容

  1. 改訂の背景
  2. 改訂の内容
  3. 移行措置
  4. 適用日

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信