IDESデータ送信のための暗号化方式の変更

IDESデータ送信のための暗号化方式の変更

3月30日、米国内国歳入庁(IRS)は、IDESデータ送信のための暗号化方式の変更を公表しました。

関連するコンテンツ

2016年7月9日以降、現在IDESで使用されているECB(electric cipher codebook)モード(1ブロックずつ処理する暗号化方法)で暗号化されたデータパケットは受理されないこととなり、全てのIDESユーザーは、IRSがより強力なデータ暗号化のアルゴリズムと認識している方式であるCBC(cipher block chaining)モード(前の暗号化結果が次のブロックに連鎖される暗号化方法)によるデータパケット送信を義務付けられることになります。

関連リンク

FATCA/CRS関連情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン