人々が集うスタジアムとは ~海外事例を基に | KPMG | JP

人々が集うスタジアムとは ~海外事例を基に

人々が集うスタジアムとは ~海外事例を基に

スポーツにおけるテクノロジーの利用度合いの高まりは、画期的な3D体験や最先端のメディア・プラットフォームを提供し、現在さまざまな通信デバイスによっていつでもどこでもスポーツを観戦できる環境にあると言えます。そのことはつまり、スタジアムに来場せずとも自宅にいながらスポーツ観戦を楽しめることを意味しており、サポーターの足がスタジアムから遠のいてしまうことにつながると言えます。

関連するコンテンツ

そのため、スタジアム運営者は、テクノロジーを駆使して自宅での観戦が習慣となっているサポーターたちをいかにスタジアム観戦に引き込めるかがスタジアム運営者の課題になっています。

ファンの取込み、スタジアムから得られる事業機会、およびステークホルダーへのリターンを最大にすることを可能とする近代的なスタジアムを開発するためには、変化し続けるサポーターのニーズを理解することが最も重要となります。そのためにもスタジアム開発の準備段階でコンセプトを明確にすることが必要となります。

内容

  1. スタジアムのコンセプト作り
  2. 海外のスタジアム事例

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
スポーツアドバイザリー室
室長  パートナー  大塚 敏弘
スポーツ科学修士  得田 進介

スポーツアドバイザリー

スポーツアドバイザリー

一般事業会社へのサービス提供で培った知見や経験を活用し、強固な財政基盤の構築と成長戦略の策定、執行を支援します。

日本のスポーツビジネスの行方

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信