仮想知的労働者(Digital Labor・RPA)が変える企業オペレーションとホワイトカラーのあり方 | KPMG | JP

仮想知的労働者(Digital Labor・RPA)が変える企業オペレーションとホワイトカラーのあり方

仮想知的労働者(Digital Labor・RPA)が変える企業オペレーションとホワイトカラーのあり方

連日、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)に関する記事や話題を新聞・雑誌及びカンファレンス等で目や耳にすることが多くなり、SF映画さながらの様相を呈しております。そのなかでも工場を初めとする製造現場においては、センサー技術や機械学習等を活用したインダストリー4.0の取組みが先日開催されたダボス会議においても議論されており、現実味を帯びています。

執筆者

パートナー デジタルレイバー&トランスフォーメーション統括

KPMGコンサルティング

お問合せフォーム

関連するコンテンツ

事務処理を中心としたホワイトカラーの領域では、「人工知能の出現でホワイトカラーの業務がなくなる」とリアリティに欠けたホラーストーリーとして語られることが多く、まだ先の話と考えている方も多いと思います。欧米及び一部の先進的な取組みを実施している企業においては、この認知技術を活用し、企業業務の生産性を飛躍的に高める取組みが既に始まっており、RPA(Robotic Process Automation)と呼ばれています。RPAは人間の労働者の補完という意味で、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われます。
本稿においては、RPAの歴史と概要、RPAがもたらす変革、また、事例を踏まえた示唆について解説します。

内容

  1. RPA(Robotic Process Automation)とは何か
  2. RPAがもたらす業務へのインパクト
  3. 現時点におけるRPA適用事例
  4. 導入アプローチ
  5. おわりに

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
SSOA(シェアードサービス・アウトソーシングアドバイザリー)
パートナー  田中 淳一
ディレクター 田邊 智康
マネジャー  張 駿宇
マネジャー  福田 尚冬

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

RPA(Robotics Process Automation)とは、仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれ、従来人手で行っていた業務をAIや機械学習等を含む認知技術の活用により自動化するものです。本ページでは、RPAに関する情報をご紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信