M&A/PMIに求められるCFO機能

M&A/PMIに求められるCFO機能

企業を買収すること自体ではなく、買収後に価値を生み出していくことが、M&Aの目的であることは論を俟ちません。そこで、M&Aの目的を達成し、成功させるためには、PMI(ポストマージャーインテグレーション:買収後の統合作業)が重要であると、よく言われるようになりました。本稿では、M&A/PMIを成功に導くために必要な機能について、海外企業の例を参考に考察します。

関連するコンテンツ

ポイント

  • M&Aは、大規模投資プロジェクトであり、「投資を回収」して初めて成功と言える。
  • したがって、どのように投資を回収するかという「戦略立案機能」と、その戦略を着実に実行する「マネジメント機能」が特に重要となる。
  • 海外企業の例では、CFOのもとに両機能を集約し(センターオブエクセレンス化)、機能の高度化を通じて、競争優位を築こうとしている。

内容

  1. M&Aは投資プロジェクト
  2. 日本企業における一般的なM&A推進体制
  3. 海外企業におけるM&A推進体制例
  4. まとめ

執筆者

株式会社 KPMG FAS
Post Dealチームリーダー
パートナー 中尾 哲也

KPMG FAS Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン