ASBJ、マイナス金利に関する会計上の論点への対応について議事概要を公表 | KPMG | JP

ASBJ、マイナス金利に関する会計上の論点への対応について議事概要を公表

ASBJ、マイナス金利に関する会計上の論点への対応について議事概要を公表

会計・監査ニュースフラッシュ - 企業会計基準委員会(ASBJ)より、平成28年3月24日に「マイナス金利に関する会計上の論点への対応について」(第332回企業会計基準委員会議事概要別紙)が公表されました。

関連するコンテンツ

第332回企業会計基準委員会では、マイナス金利の状況における金利スワップの特例処理の取扱いについて議論が行われました。本議事概要では、現時点において、委員会の見解を示すことは難しいものと考えられる、としながらも、仮に借入金の変動金利について金銭消費貸借契約にマイナス金利を想定した明示の定めがない場合で、かつ、ゼロを下限とすると解釈する場合でも、平成28年3月決算においては、これまで金利スワップの特例処理が適用されていた金利スワップについて、特例処理の適用を継続することは妨げられないものと考えられる、ということが示されています。

参考情報へのリンク(外部サイト)

日本基準のトピック

会計・監査ニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信