IFRS新リース会計基準が経営に及ぼす影響の考察 | KPMG | JP

IFRS新リース会計基準が経営に及ぼす影響の考察

IFRS新リース会計基準が経営に及ぼす影響の考察

IASBが本年1月に公表したIFRS第16号「リース」では、借手は、従来オペレーティング・リースとしてオフバランス処理していたものも含め、原則として全てのリース取引をオンバランスする必要性が生じます。

関連するコンテンツ

その結果、借手の総資産及び総負債が大きく増加する可能性があるとともに、使用権資産とリース負債の管理のために、新たなシステムが必要になる可能性も考えられます。
また、損益的にもリース期間の前半の費用負担が重く、コスト負担はその後逓減していくことから、リースに係る損益見込みにつき従来とは異なった見方が必要となります。

内容

  1. IFRS第16号「リース」の概要
  2. 本基準が(借手としての)企業経営に及ぼす影響の考察
  3. 本基準適用に向けた準備

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
アカウンティング・アドバイザリー・サービス事業部
パートナー 山本 勝一

IFRSのトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信