ビッグデータ分析を経営に活かす | KPMG | JP

ビッグデータ分析を経営に活かす

ビッグデータ分析を経営に活かす

ビッグデータという言葉が登場して以来、様々な論文、書籍などを通じた解説が行われています。その中で、自らの企業において適用するには雲をつかむような状況の企業も多いのではないでしょうか。

関連するコンテンツ

書籍紹介

本書は、幅広くビッグデータ、もしくはデータ分析をどのように経営に活かしていくかという観点で論じることに主眼を置いています。特に、明確でないさまざまな定義を本書なりに整理することで、どのようにアプローチしていくべきかを明示した入門書の位置づけとなっております。

経営に活かすという意味で、基本的に経営層や企画部門といった方々を読者として記載していますが、個々の部署においてビッグデータの導入検討や高度化を検討されている方々にも参考になるように事例を幅広く記載しております。

本書の特徴

Growth、Cost、Riskの3つの観点で活用事例を紹介

  • IoT、AIとの関係も踏まえわかりやすくポイントを整理
  • 検討すべき組織体制や、プライバシーなどの留意点も豊富に解説
  • 将来を見据えた経営のイノベーションを起こすトリガーに

著者:KPMGジャパン(編)

出版社:中央経済社

発行日:2016.3.16

体裁:A5判・200頁

定価:2,400円(税抜)

目次

第1章 ビッグデータや最新ITトレンドを経営に活かす観点
1. ビッグデータとは何か
2. 相互に関連する最新ITトレンド
3. 経営に活かす観点

第2章 Growthに活かす
1. マーケティング&セールスにおけるビッグデータの活用
2. 自社ノウハウの外販による新たな企業成長
3. 画像データを活かす
4. IoTをGrowthに活かす

第3章 Costに活かす
1. 内部監査におけるビッグデータの活用
2. 部門の発注パターン分析からCost改善
3. 人事マネジメントに関するビッグデータの活用
4. 滞納解消のための督促業務コスト削減

第4章 Riskに活かす
1. 不正・不祥事の調査、検知にビッグデータを活かす
2. 海外子会社のデータ分析からRiskを検出
3. 安全を保障するための審査によるリスク低減
4. リスク管理モデルにビッグデータを活かす

第5章 活用するにあたっての留意点
1. 目的の明確化における留意事項
2. データ活用におけるリスク
3. 文化、組織、体制、人材
4. インターフェースと結果の受け入れについて
5. データの資産価値
6. 将来における社会貢献

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

中央経済社

出版物のご案内

出版物のご案内

KPMGジャパングループ各社が出版した書籍をご案内しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信