ASBJ「収益認識に関する包括的な会計基準の開発についての意見の募集」を公表 | KPMG | JP
close
Share with your friends

ASBJ「収益認識に関する包括的な会計基準の開発についての意見の募集」を公表

ASBJ「収益認識に関する包括的な会計基準の開発についての意見の募集」を公表

企業会計基準委員会は、2016年2月4日、「収益認識に関する包括的な会計基準の開発についての意見の募集」を公表しました。

関連するコンテンツ

ASBJでは、IFRS第1 5号「顧客との契約から生じる収益」を踏まえた収益認識に関する包括的な会計基準の開発に向けた検討が開始されています。これは、収益認識に関する包括的な会計基準の開発が、日本基準の高品質化及び企業間の財務諸表の比較可能性を向上させること等に寄与すると考えられるためです。一方で、財務諸表作成者である企業にとっては適用上の課題が生じることも想定されるため、仮にIFRS第15号と同様の内容を、日本基準における収益認識に関する包括的な会計基準として導入した場合に生じ得る適用上の課題や、今後の検討の進め方に対する意見を幅広く把握するため、本意見募集文書が公表されました。

コメント期限は2016年5月31日となっています。

本稿では、本意見募集文書についてその概要を解説します。

ポイント

  • ASBJは、仮にIFRS第15号と同様の内容を、日本基準に導入した場合に生じ得る適用上の課題や、今後の検討の進め方に関して幅広くコメントを求めている。
  • ASBJは、収益認識に関する包括的な会計基準の開発が、日本基準の高品質化及び企業間の財務諸表の比較可能性を向上させること等に寄与すると考えており、そのような会計基準の開発に向けた検討を開始している。
  • ASBJでは、国際的な整合性等を考慮し、収益認識に関する包括的な会計基準の開発にあたり、IFRS第1 5 号の内容を出発点として検討を開始している。
  • 一方で、収益認識に関する包括的な会計基準の開発は、財務諸表作成者である企業にとっては適用上の課題が生じることも想定されるため、ASBJでは、6つの質問項目を設け幅広くコメントを求めている。

内容

  1. 本意見募集文書公表の背景及び意義
    1. 背景
    2. 意義
  2. 本意見募集文書の内容
  3. 本意見募集文書の質問
  4. 影響を受けると考えられる取引例
  5. 今後の予定

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
IFRSアドバイザリー室
シニアマネジャー 松尾 洋孝

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信