The View from the Top ~CEOの高まる期待にCFOは応える準備ができていますか~ 2015年度版

~CEOの高まる期待にCFOは応える準備ができていますか~ 2015年度版

KPMGは、CFOの役割に対するCEOの期待の変化を把握するため調査を実施しました。CEOはCFOに高い期待を抱いています。CEOが求めているのは、グローバルな視野と強力なリーダーシップを備え、CEOの戦略パートナーになることです。そうしたダイナミックな能力を備えたCFOを「ルネサンスCFO」と呼びます。ルネサンスCFOは従来の財務経理部門での役割を超えて、企業のリーダーになるべき存在なのです。

関連するコンテンツ

主な調査結果

CEOの

  • 48%は、CFOが備えるべき最も重要な資質として、グローバルな経験を挙げています
  • 61%は、CFOには規制の負荷を競争優位性を生み出すためのチャンスと捉える姿勢を求めています
  • 36%は、最新のIT活用が今後のCFOの重点分野になるべきと考えています
  • 85%は、財務経理データを活用して高い収益成長を実現することは、CFOが会社にもたらすことができる最大の戦略的価値であると回答しています
  • 97%は、財務経理部門の改善には、タレントマネジメントのスキルを最も重視していますが、同時に多くのCEOがCFOはこの分野に弱いと感じています

※本調査は2014年末にアジア太平洋地域で最初の調査を開始し、2015年に調査の枠を広げ、全世界を対象に実施しました。

内容

  1. はじめに-トップの孤独
  2. 主な調査結果
  3. ルネサンスCFO
  4. CFOに求められる資質とは?
  5. 多くの規制対応に忙殺されるCFO
  6. 財務経理領域のテクノロジー
  7. 適切なデリバリーモデルを見つける:自動化、シェアードサービス、アウトソーシング
  8. タレントマネジメント:タレントマネジメント無くして企業価値は向上しない
  9. まとめ:指導力を発揮する

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン