従業員積立基金機関による海外勤務者のための統合ガイドライン | KPMG | JP

従業員積立基金機関による海外勤務者のための統合ガイドライン

従業員積立基金機関による海外勤務者のための統合ガイドライン

India News - 従業員積立基金機関は、インド国外で就労する労働者に対し適切なコンプライアンスを確保するための統合ガイドラインを発行しました。

関連するコンテンツ

インドは、インド国外で就労する自国の労働者(以下、「海外勤務者」)が就労先の国で支払う社会保障料を免除する目的で、「インドでの社会保障料の支払い」を条件として、関連国とのいくつかの社会保障協定を締結しました。海外勤務者がこの免除を適用するためには、インドでの社会保障料支払いの証拠として、指定代理店、従業員積立基金機関(EPFO: the Employees' Provident Fund Organisation )からの保障料支払いの証明書が必要です。
先頃、EPFOは海外勤務者に関して適切なコンプライアンスを確保するための通達を発行しています。通達では、これまでインド国内の各地域の積立基金事務所が、海外就労者に対して独自の方針を採用したため、適切なコンプライアンスのための統合ガイドラインを定める必要性があったと述べています。

(Tax Flash News-英語原文はこちら)

担当者

笠間 智樹、合田 潤

India News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信