IASB、最終基準「開示イニシアティブ(IAS第7号の改訂)」を公表 | KPMG | JP

IASB、最終基準「開示イニシアティブ(IAS第7号の改訂)」を公表

IASB、最終基準「開示イニシアティブ(IAS第7号の改訂)」を公表

IFRSニュースフラッシュ - 国際会計基準審議会(IASB)は、2016年1月29日、最終基準「開示イニシアティブ(IAS第7号の改訂)」を公表しました。本改訂は、IAS第7号「キャッシュ・フロー計算書」における、企業の財務活動に係る負債に関する開示についての投資家からの要請に対応したものです。本改訂は、2017年1月1日以降に開始する事業年度から強制適用され、早期適用は認められます。

関連するコンテンツ

本改訂の概要は以下のとおりです。

  • 本改訂は、財務活動に係る負債の変動に適用されます。また、金融資産(例えば、財務活動に係る負債をヘッジするための資産)から生じるキャッシュ・フローを財務活動として分類した(または将来的に分類する)場合には、その金融資産の変動にも適用されます。
  • 本改訂により、財務活動に係る負債の変動(キャッシュ・フローから生じる変動及び非資金の変動を含む。)を財務諸表の利用者が評価できるようにするための開示が要求されます。その方法の1つとして、財政状態計算書における財務活動に係る負債の期首残高と期末残高との間の調整表を開示する方法が例示されています。
  • 本改訂により要求されている開示を他の資産及び負債の変動とともに開示する場合には、財務活動に係る負債の変動を、その他の資産及び負債の変動とは区分して開示することが要求されています。

内容

  1. 改訂の背景
  2. 改訂の内容
  3. 適用日

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信